FC2ブログ

猫との上手なかかわり方講座

Category : セミナー
IMG_7345.jpg



猫を飼っている人、

これから猫を飼ってみたいと思っている人

水越先生のお話を聴いてみませんか。
スポンサーサイト

飼い猫から野良猫、そして飼い猫に

Category : 猫の保護
昨年8月初め、79歳の男性一人暮らしのKさんからの電話

「1か月前から家の前に雌の猫が来るようになって

物置になっている車庫に住み着いている。

人に馴れているし、えさもあげている。

お金は出せないが不妊手術をしてほしい」


早速Kさんのお宅に伺って、その猫に会いました。

人が大好きでだれにでもスリスリしていくような女の子

人に飼われていた猫に間違いないと思いました。

Kさんは、「家に入りたがるけど、俺も年だし飼ってあげることはできない。」

故意に捨てられたのか、

飼い主だった人が老人で、施設に入所したりして

置き去りにされたのかわかりません。


どうであれ不妊手術はしなければなりません。

不妊手術を済ませてKさんの所に連れて行き

Kさんに、「これからもエサはあげて下さいね。

もしこの猫を飼ってくれる人が見つかったら

ここから連れて行っていいですか?」

「うん、頼むよ。寂しくなるけどよう」

IMG_7326.jpg

IMG_7325.jpg

IMG_6417.jpg

そして9月中旬、

保護していた子猫の里親募集のポスターを見て

応募してきたNさん。

Nさんは子猫にこだわっていなかったので

その馴れなれ猫ちゃんの話をしてみたら

ぜひ会ってみたいとおっしゃってくださり、

一緒にKさんの家の前までいったら

馴れなれねこちゃんは早速Nさんの足にスリスリ

Nさんはなれなれちゃんを撫でながら、

「オマエ、うちに来る?。。。うちの子になってくれる?」

と話しかけ、猫はゴロゴロ言って喜んでいました。


Nさんのお家に引き取られて3日目

写真とメールが届きました。

猫の名前は、すずちゃん。

「ほんの少し前まで野良猫ちゃんだったとは思えないほど

安心して暮らしています。」

IMG_7331.jpg

「昨夜は私のベッドに潜一緒に寝ました。
とてもかわいいです。」
IMG_7327.jpg



今年の始めに送られてきた写真
「遊びに来る友達にも可愛がられて、私もすずも幸せです。」
IMG_7081.jpg


外で暮らす野良猫を、どの猫も家の中に入れたら幸せになれる、

とは思っていません」が,

人間に飼われていたのに捨てられた、

あるいは放置された猫が外で生きて行くには厳しすぎます。

すずちゃんは幸せつかみました。

N様、すずちゃんといつまでもおしあわせに。




















2018年7月~12月 収支報告

Category : 未分類
2018年6月末より
繰越金   91947円
寄付金  179350円(譲渡費用含む)


支出  
医療費      139924円
フード、ミルク代  30098円
交通費       29896円
雑費、猫用品    17983円

残高        53396円


ご支援をして下さった方々

横須賀市 長坂 M様/ 船倉 T様/上町 W様/上町 N様
     武 S様/上町 S様/汐入町 K様/安浦町 N様
     富士見町 K様/大矢部 N様/大津町 K様/二葉町 A様

横浜市  T様
逗子市  Y様

活動費を寄付して下さった皆様、
皆様のあたたかい思いのこもったご寄付があればこそ
私達は、不幸になる猫を減らしたいと
活動をして行くことができます。
ほんとうにありがとうございました。





迎春 2019年 年の始めに思うこと。

Category : 未分類
昨年も猫を通じてたくさんの方々と出会い、

協力しあいながら、

ケガをした猫を助けて保護したり、

外で暮らす猫達のTNRをしたり、

TNRをする場所に生まれていた子猫を保護して譲渡先を探したり…

あっという間に過ぎた1年でした。

ブログに書きたい事もたくさんあったのですが、

ついつい書きそびれてしまいました。

そして、昨年も皆様よりたくさんのご支援をいただきました。

本当にありがとうございました。



2019年  新たな年の始まりに思うこと。

動物愛護の観点から、多くの自治体は殺処分0を掲げてきました。

飼い主だった人間が必要なくなった、飼えなくなったという理由だけで

犬や猫を愛護センターに連れてきて

生きる喜びを持つチャンスも与えずに

人間が殺処分するなんて許されるはずがない。

と私も確信してます。

ただ殺処分を掲げたが故に、いろんな問題点も出てきています。

例えば、治らない病気などで痛み苦しむ犬や猫の本当の意味での安楽死もできないのは、

それは動物愛護といえるのだろうか。

このような問題は殺処分0問題だけでなく、

私たちの身近な活動の中にもたくさんあると思っています。

不幸になる猫を増やしたくない、と行うTNRのやり方や

猫の保護の仕方、病気や怪我をした猫の治療方法など

その猫にとってどういう方法をとったら

よりストレスや苦痛を与えずに行えるか、

福祉という観点からもじっくり考えながら

猫達に向き合っていきたいと思っています。




また、人間にとって身近な動物である犬や猫に対する意識の変革、啓発。

私達自身が何が正しいのか、犬や猫が本当に望んでいることは何なのか、

確固たるものはないなりにも模索しながら、

多くの人々を巻き込みながら考えて行きたい、と思っています。

ボランティア活動をしてるとかしてないとかそんな隔たりなく、

一人でも多くの人が耳を傾けてくれたり、考えてくれたり、

猫や犬のことを知ろうとしてくれたり、

そして犬や猫のためになる行動をしていく人が増えたら

少しずつでも犬や猫の幸せにつながって行くと思っています。

今年も、【不幸になる猫を減らしたい】その思いでがんばります。



昨年10月30日よりピーサーズでお世話になっているりんちゃんです。
保護された当時は背骨の骨折で歩けなかったのですが
相良先生の愛情のこもったお世話とリハビリで
4本の足で歩けるようになりました。
問題点は、オシッコがひとりでできないことです。
できるようになるとよいのだけれど…

IMG_7153.jpg

IMG_7149.jpg

IMG_7151.jpg


昨年10月9日に愛護センターより引き取ったルビイちゃん
小脳欠損のため運動機能に障害があります。
でも好奇心旺盛、元気いっぱい
体重も増えました。

IMG_7179.jpg

IMG_7185.jpg





















小鉄くん(てん)、待っててよかったね。

Category : 猫の保護
11月10日、私の携帯電話にN様から

「Y動物病院の里親募集のポスターを見たのですが、

その猫とお見合いできますか。」

との問い合わせがありました。

「そのポスターは8月にY動物病院に貼らせてもらったものなので

ポスターの写真より猫は大きくなっているけれど大丈夫ですか。」

「はい、大丈夫です。」

と言っていただきました。

後日N様のご自宅にてんちゃんを連れて行き、ご家族とご対面。

N様ご家族にとっては初めての猫。

てんちゃんは、人見知りをしない馴れ馴れの猫。

だから初めて猫を飼われるN様にてんちゃんを気に入ってもらえれば

とても良いご縁だと思っていました。

N様ご家族は、お父様とお母様、と大学生のお嬢様、

皆さん穏やかで優しい方々です。

そしててんちゃんはめでたくN様の家族として迎えていただくことになりまになした。


てんちゃんは、今年の5月15日にTNRをするために行った場所に

生後1か月位の子猫が3匹、風邪を引いた状態で固まっていたところを保護した猫です。

IMG_5780.jpg
保護して2週間位たったころ

兄弟の2匹は子猫のうちに良いご縁に恵まれてホントのお家の子になっています。

てんちゃんにはなかなか良いお話が無かったのですが

保護して6か月、やっと素敵な家族に出会うことができました。

そして名前は「小鉄」

小鉄くんの写真が送られてきました。
IMG_7044.jpg

IMG_7045.jpg

IMG_7046.jpg

N様、小鉄くんを家族に迎えていただきありがとうございます。

小鉄くんのいる暮らしがいなかった時より、より一層しあわせになりますように。

小鉄くんのこと、よろしくお願いします。




プロフィール

にゃんずネット横須賀

Author:にゃんずネット横須賀
人と猫との共存をテーマに不幸な猫を減らすために個人個人のボランティアがグループを組んで活動しています。

活動内容
・猫の適正飼育の普及
・避妊、去勢手術の推進
・地域猫化及び動物愛護の啓蒙活動
・行政への働きかけ

仲良くそして、みんなで知恵を出し合いながら猫助けをしていきたいと思っています。
みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

ご支援お願いいたします。
★振込先★ 
ぱるる   10250 37341391
ゆうちょ銀行 028 3734139
★名義★  
にゃんずネット横須賀 増井 崇子
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR