FC2ブログ

多頭飼育崩壊

Category : 猫の保護
猫の多頭飼育崩壊、たびたび耳にする言葉ではあったのですか

ここまでの頭数の飼育崩壊の現場にかかわるのは初めてです。

100匹余りの猫の飼い主さんの妹、Kさんからの相談です。

10月29日、猫達のいる現場にいきました


IMG_8771.jpg

家の庭に入ったら猫達が窓のそばに集まってきました。

家の中に入ると

IMG_8800.jpg

IMG_8804.jpg

IMG_8798.jpg

IMG_8793.jpg

IMG_8787.jpg

IMG_8796.jpg

IMG_8820.jpg

家の中はごみと糞尿、その上を長靴を履いて入り

Kさんご夫婦と、手で捕まえられる猫をどんどん捕まえていきました。

そして夜だけやっている動物病院ピーサーズに運んで

のみ取りの薬アドバンテージとお腹の寄生虫駆除の薬プロフェンダーをつけて

不妊手術とワクチン

風邪をひいていたり軽い怪我をしているこには

2週間効力のある抗生剤の注射コンべニアを打ちました。


IMG_8743.jpg

IMG_8839.jpg


術を終えると猫達はKさんの車にのせて

M市の自宅に運ばれました。

Kさんのお宅に入れられる猫は40匹までとしたら

残りの猫はどうすればよいか、、、


私たち横須賀のボランティアだけではどうにもならず、

10月31日、たんぽぽの里の石丸さんが横須賀の現場に見に来てくだいました。

そのあとは少しずつテンポよくことが進んできたように思います。

11月6日までにあの汚い現場から救出できた猫の数は、56匹。

そのうち不妊手術ができた猫はピーサーズで31匹、タンポポの里あだぷしょんぱあくで10匹。

子猫10匹、手術ができない体調の猫が5匹。

IMG_8724.jpg

IMG_8752.jpg



そして、横須賀の某所に11日より30頭を置かせてもらえることができるようになりました。

その猫達のお世話の件や、まだ現場に残っている猫達の捕獲と不妊手術

まだまだ道は長いですが、

すべての
猫達が温かい家族に譲渡され、家族に迎えてもらい、幸せ掴むのを見届けたいと思っています。
>





スポンサーサイト



動物フェスティバル

Category : イベント
10月6日、毎年恒例の動物フェスティバルが

三笠公園で行われました。

IMG_8433.jpg



この日ばかりは三笠公園もペット同伴が可能で

大型犬や小型犬の同伴者もたくさん来場していました。

視力を失った犬たちの為の装着具ドッグバンパーを付けてもらって

バギーにのって飼い主さんと遊びに来たワンちゃんもいました。。

IMG_8426.jpg

IMG_8428.jpg


公園内にはたくさんのテントが張られ、

県の動愛では犬と猫の譲渡会

犬のボランティア団体「ゆいまーる」のブースでは譲渡会
IMG_8434.jpg


野生動物救護の会では写真の展示などがあいました。

IMG_8430.jpg

そしてにゃんずネット横須賀のブースではねこ結び譲渡会

IMG_8418.jpg

ねこ結び譲渡会に参加した猫は10匹

そのうち半数位は譲渡が決まりそうです。

また犬の訓練の実演もありました。

IMG_8432.jpg

そして最後は、長寿犬と長寿猫の表彰式

たくさんの飼い主さんが集まっていました。

長生きする犬や猫が増えることはうれしいことですね。



神奈川県動物愛護センターを見学

Category : 未分類

神奈川県動物愛護センターは平塚市にあります。

センターの建物は、今年6月に新築オープンしました。

IMG_8257.jpg

IMG_8259.jpg

このセンターは神奈川県の管轄てあり、

横浜市、川崎市、横須賀市、相模原市、藤沢市以外の地域での


所有権放棄された犬や猫やその他の保護動物が持ち込まれる場所です。

新築された建物は、以前の建物にくらべたら、

収容される動物たちにとってはかなり居心地は良くなったと思います。

IMG_8226.jpg

IMG_8222.jpg

IMG_8234.jpg



神奈川県も「殺す行政」から「生かす行政」に変わり

犬は2013年度から、猫は2014年度から

殺処分は「0」になっています。

それは喜ばしいことですが、その裏には

ボランティアさんたちの並々ならぬ苦労と努力があることを

多くの人に知ってもらいたいです。

また、収容される犬や猫の居住環境は良くなったといっても

彼らはどんな事情があったにしろ飼い主に捨てられた犬や猫です。

特に犬舎を見学した時、犬たちは見学者の顔をじっと見つめます。

その瞳はまるで自分の飼い主だった人を探しているような

自分を迎えに来てくれることを信じて、

自分の飼い主を見つけようと必死に探しているように思えて

そんな姿に涙がこみあげてきました。


IMG_8254.jpg



この日はセンター内の大きな部屋で

犬と猫の譲渡会が行われていました。

IMG_8236.jpg

IMG_8251.jpg

今度は最後まで一緒に暮らせるすてきな家族に迎えられますように。


愛護センターの見学を終えて最後に

この愛護センターが保護センターだった時代に

センターで処分されていった動物たちや、

センターに収容されて新たな飼い主さんが現れるのを待っている間に

病気で亡くなった猫や犬の慰霊碑に手を合わせてきました。

IMG_8260.jpg

IMG_8264.jpg

        

2017年度、全国で殺処分された犬と猫の数
   
     猫   34854頭
     犬    8362頭

























キキとララ トライアルに

Category : 猫の保護
IMG_8005.jpg

生後1か月の時のキキとララ


キキとララが生まれたのは、4月23日午後11時。

キキとララは4兄弟で、

外で暮らす野良猫の不妊手術を主に行っている動物病院ピーサーズで

生まれました。

この夜捕獲器に入って不妊手術のためにピーサーズに運び込まれた

母猫のお腹はとても大きく、

開けられたお腹の中の子宮ははじけそうに大きくて

ドクドク動いていました。

ちょうどその夜その時間にピーサーズに来ていたK動物病院の看護師をしている

Oさんがその大きな子宮を見て「生ませよう!」

私はびっくりして、「えっ?」と思ったけれど、

S先生とOさんと私は、手術台の上の母猫の帝王切開をすることになりました。

帝王切開をするための設備もない中、

4匹とも仮死状態で子宮からから取り出されて

Oさんの指示のもと私は動いてあたふたしましたが

Oさんの手際のよさのおかげで、

無事4匹とも産声を聞くことができました。

匹のうち2匹はOさんのお家で保護、

あとの2匹は私の家で保護することになりました。

その2匹がキキとララ

あれから2か月半、すっかり大きくなりました。

キキとララは私の家で6週間を過ごし、

その後はいつものように一緒に活動しているみつえさんのお家で過ごしました。

そしてみつえさんに里親募集をかけてもらい、

トライアルをするお家が決まりました。

IMG_8165.jpg

IMG_8161.jpg


トライアルに行く2日前にピーサーズで

健康診断とワクチン接種

S先生も大きくなったキキとララを見て

生まれた日を思い出し,感慨ひとしおでした。



そして2匹はトライアルを始めるお家に。

15歳の先住猫もーこさんのいるお家です


IMG_8184.jpg
先輩猫のもーこさん
IMG_8183.jpg

IMG_8195.jpg

IMG_8196.jpg

もーこさんは、堂々としていて、2匹を見ても動じることもあまりなく

それでもララが近寄って行くとしゃーされていましたが

険悪なムードはなかったので安心しました。

キキとララは、ごまちゃんとむぎちゃんになりました。

2匹を家族に迎えて下さったSさんは4人家族で

みなさん猫が大好きで、猫との暮らしも長年やっているご家族だから

何も心配ありません。

Sさま、ごまちゃんとむぎちゃんをよろしくお願いいたします。















母猫の不妊手術

Category : さくらねこTNR無料チケット
5月もどうぶつ基金さくらねこTNR無料チケットをいただき

10匹の猫の不妊手術をすることができました。

4月は雌の猫は妊娠中が多かったのですが、

5月は授乳中のおっぱいをしているいる雌猫が多かったです。

幸い猫達は、夕方捕獲し、夜の手術、そして夜中にリリースし、

母猫と子猫が離れている時間をできるだけ短くなるようにしているので

子猫たちは無事でいてくれていると思います。

IMG_7206.jpg

IMG_0089.jpg


IMG_7232.jpg


お腹に赤ちゃんがいるメスの猫の中絶手術は

捕獲する私たちも、手術をする先生も

とても心が痛む辛い作業になってしまいます。



猫の発情は1年の中で一番多いのは

1月中旬から2月下旬までのように思われます。

妊娠可能な雌猫はほとんど妊娠します。


受胎して出産までは約60日。

そして4月から5月にかけて出産。



できるだけ妊娠していない時期に

不妊手術を受けさせるようにしていきたいものです。






プロフィール

にゃんずネット横須賀

Author:にゃんずネット横須賀
人と猫との共存をテーマに不幸な猫を減らすために個人個人のボランティアがグループを組んで活動しています。

活動内容
・猫の適正飼育の普及
・避妊、去勢手術の推進
・地域猫化及び動物愛護の啓蒙活動
・行政への働きかけ

仲良くそして、みんなで知恵を出し合いながら猫助けをしていきたいと思っています。
みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

ご支援お願いいたします。
★振込先★ 
ぱるる   10250 37341391
ゆうちょ銀行 028 3734139
★名義★  
にゃんずネット横須賀 増井 崇子
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR