スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域猫とは・・・

Category : 地域猫
地域の理解と協力を得て、
地域住民の認知と合意が得られている、
特定の飼い主のいない猫。
その地域に合った方法で、飼育管理を明確にし、
飼育する対象の猫を把握するとともに、
フードや糞尿の管理、不妊手術の徹底、
周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、
これ以上数を増やさず、
一代限りの生を全うさせる猫をさします。

(環境省:住宅密集地における犬猫の飼育ガイドライン抜粋)


横須賀市でも平成27年度より、地域猫活動支援事業が始まりました。
横須賀市で、のら猫にエサをあげている人や、
のら猫の糞尿で困っている人など、
2人以上でグループをつくり、愛護センターに行って
地域猫活動団体として登録し、
職員さんより地域猫活動の説明をうけます。
その地域のどの辺に何匹の猫がいるなど
職員さんと地域の地図を見ながら説明、そして打ち合わせ。

それから、地元の町内会長さんの所に行って
自分たちがどこで地域猫活動を始めます。
という報告と説明をして町会長さんの承諾を得たら、
愛護センターに報告。

すると、愛護センターの職員さん達が地域猫活動を
始めようとしている場所に視察に行きます。
IMG_3649.jpg


そこで、地域猫活動を始めようとしているメンバーたちと
餌の与え方やトイレの設置などについて話し合います。

その次に、町内会に地域猫活動を始める旨の回覧板を回してもらいます。

それが終わったら、いよいよ猫達の捕獲をして愛護センターに連れて行き、
地域猫  久村

センターの職員さん(獣医)によって不妊手術が行われます。
不妊手術が終わった印に、片方の耳の先をV字にカットします。
翌日センターに猫達をむかえに行き、
元いた場所に放します。

地域猫となった猫達は、地域猫活動ボランティアさんの管理のもと
一代限りの命を幸せに全うしてもらうことになります。

地域猫として登録し、愛護センターで行う不妊手術は費用はかかりません。


現在、横須賀市において
地域猫活動登録ボランティアグループは14~15個位あると思います。

地域猫活動をやってみたいと思ったら
横須賀市動物愛護センターに問い合わせてみてください。






スポンサーサイト
プロフィール

にゃんずネット横須賀

Author:にゃんずネット横須賀
人と猫との共存をテーマに不幸な猫を減らすために個人個人のボランティアがグループを組んで活動しています。

活動内容
・猫の適正飼育の普及
・避妊、去勢手術の推進
・地域猫化及び動物愛護の啓蒙活動
・行政への働きかけ

仲良くそして、みんなで知恵を出し合いながら猫助けをしていきたいと思っています。
みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

ご支援お願いいたします。
★振込先★ 
ぱるる   10250 37341391
ゆうちょ銀行 028 3734139
★名義★  
にゃんずネット横須賀 増井 崇子
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。